開発運営だより

第85回 今後のアップデートについて

ヘッダー画像

いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。運営チームの大井です。

2020年9月2日のアップデートで行った階級システム変更以降、皆さまから様々なご意見・ご要望をいただいております。
陣営間の機体バランス差によって、片方の陣営が昇格しにくいもしくは昇格の難度に陣営間で差が生じていることを、データやお客様からのご意見ご要望によって確認しております。こちらについては陣営間の機体バランスを整える対応の検討を行うとともに、階級システムの調整を検討しております。

階級システムについては連敗時の緩和を行いつつ、指揮官など戦闘結果から影響を受けやすく昇格しづらいパイロットに向けた対策を実施する予定です。

また深夜から早朝にかけてのマッチングに時間がかかる傾向にある時間帯への対応についても、 陣営間戦力差やマッチングまでの待機時間の短縮のバランスを見つつ継続的に注視・調整を行っておりますが、厳しいご意見も含め多くのお問合せをいただいており真摯に受け止めて対応を検討しております。

マッチングについては大規模戦を行うために十分なパイロットのいる時間帯に極力影響が出ないようにしつつも、 人数が集まりにくい時間帯には陣営間の戦力差を整えつつ待機時間が短縮できるよう対策を行う予定です。

これらを踏まえ今回の開発運営だよりではマッチングシステムに関する今後の対応と、 階級システムアップデートについてお伝えいたします。


マッチングシステムについて


■現状の対応について

従来は戦場におけるパイロット間の階級バランスを重視しながらマッチングシステムの運用を行っておりましたが、一部の階級帯を中心にマッチングまでの待機時間が増加している状況が見られました。

そのためマッチングシステムを調整し待機時間の改善を図ったものの、戦場での階級バランスが崩れるケースが見られており、ご意見も多くいただいております。

 

9月16日のアップデートにて再度調整を行い、特に待機時間が長くなる時間帯を除いては、階級バランスが陣営間である程度整うよう調整を行いました。


■待機時間が長い時間帯における今後の対応について

さらに段階的にマッチングまでの待機時間の改善を図っていくため、特に待機時間が長くなる時間帯に限定して以下の対応を行う予定です。

 

①マッチング時に選出される階級範囲の拡張

上位の階級帯のパイロット人数についてはチーム間で差が出づらいようにしながら、チームに選出されるパイロットの階級範囲を拡張し、より広範囲の階級のパイロット同士がマッチングするようになります。

 

②1チーム50人未満同士で戦う大規模戦

待機時間が長い時間帯を中心に1チーム50人未満で戦う大規模戦が発生する階級帯を拡大します。

また40vs40に最適化したマップも追加を予定しております。

 

階級システムついて


9月2日のアップデートで階級システムのリニューアルを行いました。
階級システムについてもさまざまなご意見をいただいておりますが、今後以下の対応を行っていく予定です。


■マッチングシステムの調整に伴う評価の調整

前述したマッチングシステムの調整により、マッチングの内容によって適正な階級システム評価が行われない場合があるため、マッチングの内容に応じて階級システムの評価基準も変化するような対応を予定しております。

■指揮官の評価について

指揮官で参戦した場合の階級システム評価は勝敗や終了時の戦力ゲージの差など評価基準が限定されており、昇格が困難な状況が見られます。

こちらについては評価基準の調整など対応を検討しております。

 

■連敗時の階級ポイントの補正

敗北が続いた状態で勝利した際、獲得できる階級ポイントに補正がかかるような調整を検討しております。



以上が今後のアップデートについての開発運営だよりとなります。

 

ここからは9月23日から開催予定のイベント・キャンペーンについてお知らせします!

まず9月23日からは「撃闘!地上戦ガシャコン」を開催予定です!


9月23日に個別調整が行われる「ジム・コマンド(モルモット隊仕様)」「ドム・トロピカルテストタイプ」のエクストラ設計図を獲得できるイベントです!

ぜひ楽しみにお待ちください。

 

 


※掲載内容は現在予定している内容です。状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

この記事に対するご意見をお寄せください。

バックナンバー

next